1. トップ
  2. ブログ・お知らせ
ブログ・お知らせ

共通語を習いに東京へ行く? 大学受験英検英語教室

2018.01.28

もしある地方の子供、例えば沖縄の人が共通語を習いに東京へ行くと言い出したら、その親はどう思うでしょうか。私なら止めます。共通語はどこにいても、学べるはずだからです。そのために国語を学校や家庭で教えているわけでしょう?その国語すなわち国内共通語を学びに東京へ行かなくてはいけないというのはまったく理にかないません。
沖縄で何か問題があるとテレビでインタビューしているところを見ればわかるように、確かにアクセントは東京などとは違います。しかし、日本語であることに変わりはありません(よね?)。福岡の人も大阪の人もやはり東京とはアクセント(使う単語も多少)が異なっています。日本全国その土地土地でアクセントが違うのですから、これは当然のことです。
英語も同じことなのです。もし私の子供が「英語を習いにイギリスへ行く」などと言ったら、絶対に反対します。英語は国際共通語なのですから、どの国にいても習うことが出来るのです。だからこそ、英語が国際共通語になったのです。もし英語がイギリスやアメリカに行かなくては習えないのなら国際共通語として使われることはなかったでしょう。
その国へ行かなくては習えないことがあるのなら留学もいいでしょうが、そうではなく、「英語を習いに行く」のであればまったくのナンセンスです。日本にいれば、日本語が習えるように、地球に住んでいれば地球語(国際英語)を習うことができるのです。これほど英語学習の教材が豊富な日本にいて英語がモノにならないのであれば、これらのない外国へ行っても絶対にモノにならないと断言します。

総合英語塾ブログ・お知らせ

学習スタイル

テキスト&解説

合格体験記

お問い合わせ

E-mail
fgifgi@hotmail.com

■返信が届かないお客様へ

当英語塾は遅くとも2日以内にお問い合わせに対する返事のメールを差し上げています。
もし、2日以内に当英語塾から連絡がない場合は、メールの受信がうまく行えていない可能性が大です。
その際は、大変お手数ではございますが、お電話にてお問合せください。